メニュー
宿泊予約
宿泊予約専用TEL:0248-85-2525(9:00~21:00)
宿泊約款Stipulation
宿泊予約専用TEL:0248-85-2525

羽鳥湖高原レジーナの森 宿泊約款Stipulation

本契約の適用

第1条
(1)羽鳥湖高原レジーナの森レイクサイドヴィラ「アトリオ」・ドームコテージ「オルサ」・「レイクサイドドッグヴィラ」・バケーションヴィレッジ(以下ホテル)が宿泊客との間で締結する宿泊契約及びこれに関する契約はこの約款の定めるところによるものとし、この約款に定めない事項については法令,又は習慣によるものとします。
(2)当ホテルは前項の規定にかかわらずこの約款の趣旨、法令及び習慣に反しない範囲で特約に応ずることができます。

宿泊契約締結の拒否

第2条 当ホテルは次に掲げる場合において宿泊契約の締結に応じないことがあります。
(1) 宿泊の申し込みがこの約款によらないとき。
(2) 満室により客室の余裕がないとき。
(3) 宿泊しようとする者が宿泊に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をする恐れがあると認められたとき。
(4) 宿泊しようとする者が「暴力団による不正な行為の防止等に関する法律」(平成4年3月1日施行)による指定暴力団及び指定暴力団員等(以下「暴力団」及び「暴力団員とする)またはその関係者、その他反社会的勢力であるとき。
(5) 宿泊しようとする者が暴力団または暴力団員が事業活動を支配する法人、その他団体であるとき。
(6) 宿泊しようとする者が法人で、その役員のうちに暴力団員に該当する者があるとき。
(7) 宿泊しようとする者が他の宿泊者に著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき。
(8) 宿泊しようとする者が宿泊施設もしくは宿泊施設職員(従業員)に対し、暴力、脅迫、恐喝、威圧的な 不当要求を行い、あるいは、合理的範囲を超える負担を要求したとき、またはかつて同様な行動を行ったと認められるとき。
(9) 宿泊しようとする者が伝染病者であるとあきらかに認められたとき。
(10)宿泊に関し合理的な範囲を超える負担を求められたとき。 
(11)天災・施設の故障・その他止むを得ない事由により宿泊させることができないとき。
(12)福島県旅館業法施行条例第10条の規定する場合に該当するとき。

予約金

第3条
(1) 当ホテルは宿泊予約の申し込みをお引き受けした場合には、期限を定めて宿泊期間の基本料金を限度として当ホテルの定める予約金の支払いを求めることがあります。
(2) 予約金はまず宿泊客が最終的に支払うべき宿泊料金に充当し、次条の定める場合に該当するときは同条の違約金に充当し残額があれば返還します。

予約の解除

第4条
(1) 当ホテルは宿泊客がその責めに帰すべき事由により宿泊予約の全部又は一部を解除した場合は別表に掲げるところにより違約金を申し受けます。

取消料 当日無連絡 当日 1日前 7日前 8日前迄
違約金比率
100%
80%
40%
30%
無料

客室使用時間

第5条
(1) 宿泊客が当ホテルを使用できる時間は、午後3時から翌朝10時までとします。ただし、連続して宿泊の場合においては、到着日及び出発日を除き、終日使用することができます。
(2) 当ホテルは、前項の規定にかかわらず、同項に定める時間外の客室の使用に応じることがあります。
この場合には次に掲げる追加料金を申し受けます。
・アトリオ、レイクサイドドッグヴィラ、バケーションヴィレッジ・・・・超過1時間につき1棟2,000円(税別)
・ドームコテージオルサ・・・・・・・・・超過1時間につき1棟1,500円(税別)

宿泊の登録

第6条 宿泊客は宿泊日当日、当ホテルのフロントにおいて次の事項を登録していただきます。
(1) 宿泊客の氏名・年齢・性別・住所及び職業
(2) 外国人においては、国籍・旅券番号・入国地及び入国年月日
(3) 出発日及び出発予定時刻
(4) その他当ホテルが必要と認める事項

利用規則の厳守

第7条
宿泊客は当ホテルにおいては当ホテルが定めているホテル内に掲示した利用規則に従っていただきます。

当ホテルの契約解除権

第8条 当ホテルはお引き受けした宿泊期間中といえども次の場合には宿泊の継続をお断りすることがあります。
(1) 第2条(1)から(7)までに該当することとなったとき。
(2) 前条の利用規則に従わないとき。

当ホテルの責任

第9条
当ホテルが宿泊契約及びこれに関連する契約の履行にあたり、又はそれらの不履行により宿泊客に損害を与えた時はその損害を弁償いたします。
ただし、それが当ホテルの責めに帰すべき事由によるものでないときは、この限りではありません。

宿泊者の責任

第10条
宿泊者の故意または過失により当ホテルが損害を被ったときは当該当宿泊者は当ホテルに対し、その損害を賠償していただきます。

附則【利用規則】

(1) 当ホテルに下記のようなものをお持込にならないで下さい。
   ※動物・鳥類(ペット類)※犬同伴可の部屋を除く
   ※発火あるいは引火しやすいもの
   ※鉄砲・刀剣類
(2) 敷地及び当ホテルの客室内での下記につきましては、当方では一切責任を負いません。
   ※敷地内(駐車場含む)での事故・盗難
   ※お客様同士での事故
(3) 敷地内及び当ホテル内での、電気器具・ガス器具などのお持ち込み及びご使用はご遠慮下さい。
(4) 火災事故は、他のお客様にも多大な迷惑をかけますので、寝室・禁煙区域での喫煙は固くお断り致します。
(5) 外出される際は、施錠を必ずご確認ください。
(6) 他のお客様の迷惑となる過度の飲酒は、お断りいたします。
(7) スリッパ・サンダル・パジャマ・浴衣でのレストラン等のご利用はご遠慮下さい。
(8) お車でお越しのお客様は、駐車の際には専用駐車場をご利用下さい。