カエルの季節

こんにちは、施設管理スタッフの池田です。

6月もそろそろ終わりで、夏が近づいてきました。この季節、特に雨が降っている時などに池の近くに行きますと、「ゲコゲコ、グワッグワッ」というカエルの鳴き声が賑やかに聞こえます。

先日、エンゼルフォレスト内の別荘地「オーナーズフォレスト」内にある公園の池に行きましたら、こちらを見つけました。

池のほとりに生えている松の枝に、10cmくらいの泡状の物体が付いています。

ご存じの方も多いかと思いますが、モリアオガエルの卵です。

モリアオガエルは主に樹上で生活しているカエルですが、このように特徴的な卵の産み方をします。この泡の中に300個~800個くらいの数の卵が入っているそうです。卵は産みつけられてから2週間くらいで孵化して、泡の中からオタマジャクシがボトボトと落ちてきます。

ついでにエンゼルフォレスト内で見かけた他のカエルもご紹介しますと、

こちらがニホンアカガエルです。近縁のヤマアカガエルという区別しづらいカエルがいますが、模様からしてたぶんニホンアカガエルのようです。

こちらはアズマヒキガエル。大型のカエルで、見つけた個体は12cmくらいありました。

春から夏頃にエンゼルフォレストにいらっしゃいましたら、水辺などを歩いてみますと、他にもツチガエルやシュレーゲルアオガエルなどに出会うことがあるかもしれません。そうそう、もしモリアオガエルをご覧になりたい場合は、今ならアクティビティーセンターに行くと水槽の中で卵を産んだばかりのカエルに会うことが出来ます。食事中の場合、口からコオロギの足が出ていたりすることがあるかもしれませんが、基本的には可愛らしい姿で皆様をお待ちしています。