ファイナルフィッシング大会協賛品

こんにちはスタッフの兼子です。

来週末26日(日)に開催します2017エンゼルフォレストファイナルフィッシング大会!

こちらに協賛メーカー様から沢山の協賛品をいただいております。

おかげさまで参加申し込みも順調に伸び70名の定員となりました。

これも協賛メーカー様の協力あってこそ、

全て素晴らしい品ばかりです。

協賛依頼の際にブログでの賞品紹介もお約束してますので、

協賛品のご紹介をさせていただきます。

順番は賞品到着順です。

紹介には若干専門用語が入りますがご了承くださいませ。

 

ダイワ様


イモラ、ローリングクランク、ローリングクランクジュニア、
それにステッカーをご協賛いただきました。

ローリングクランクはレンジキープしやすく、
軽量な割には飛距離も出せて使い易いクランクです。

イモラはスローに誘うへの字型クランクです。
まあへの字型クランク自体デッドスローで使うのが基本ですからね。
ソコソコ早巻にも対応してますから使い勝手はいいですよ。

ダイワさんはグリーンパンプキンやパープルウィニーといった
バス釣りでなじみ深いカラーネームを付けてくれるところもイイです。

そう言えばウィニーって芋虫って意味があったような気がするんですが、
イモラのパープルウィニーカラーなんて正にグッとくる感じですね。

 

 

 

ピュア・フィッシング・ジャパン様

DEXミノー90Fとステッカー

先ずピュア・フィッシング・ジャパンとは何ぞや・・・
と言う方もいるかもしれませんので説明を致します。

ピュア・フィッシング・ジャパン株式会社
ルアーだとバークレーやアブ・ガルシア、
フライだとハーディーが有名な取扱いブランドです。

今回の協賛品はワームで有名なバークレーが気合を入れて作ったハードルアーシリーズDEX
その中からフローティングミノーを協賛いただきました。

9gとスピニングで使うには重めですが、ベイトタックルなら丁度イイ使用感で使えます。

タダ巻、トゥイッチ、ジャークは平均点以上の優等生です。

更にリップラップに当てながら使っても根掛りは殆ど無いので、
シャッドで攻略するようなシチュエーションでも使えます。

最も素晴らしいのがシミーライズと言われるフローティングアクションです。

巻いて止めて浮際で、又は浮ききったところでのバイトが多く、
本当に良い思いを沢山させていただいてます。

シミーライズとは揺れながら浮き上がるアクションの事で、
ラパラのオリジナルフローティングの浮き方が正にそれです。

正直な話をしてしまうとラパラのオリジナルフローティングはアクションが素晴らしすぎて、
アクションだけを比較すると見劣りします。

しかし、ラパラの最大の欠点だったのが飛距離!!

欠点と言うより飛距離よりアクションを優先したって事なんでしょうが、

DEXはアクションと飛距離が両立したフローティングミノーです。

ですのでキャストアキュラーも断然DEXです。

90㎜サイズのミノーでシミーライズするモデルって探しても無いんですよね。

ですから発売と同時に飛びついて購入した次第でした。

担当さんに釣果を報告したら是非皆さんに進めて下さいと今回の協賛になった訳です。

スモールマウスバスでもいい思いを沢山しましたのでバス釣りする方にもおすすめです。
あっ・・本来の対象魚はバスでした。

このミノーにはサスペンドモデルもありますので好みに合わせて使い分けて下さい。

 

 

 

フォレスト様

スプーン&ステーッカー!

今更説明の必要などありませんね。

管釣りスプーンの定番

使ったこと無い人など居るのでしょうか??

スプーンワレットにマーシャルトーナメントが無いと不安で震えます・・・

ウソです。

震えはしませんがやっぱりフォレストスプーンの信頼感は抜群です。

毎年発売の限定カラーもコレクター心理を絶妙に刺激して止みません。

昨年カラーを買い忘れた・・・ロストした皆さんチャンスですよ。

 

 

 

 

ノリーズ様

フィールドワレットです。

ワイドとスリムが各3個!!

私もスプーンワレットはこれのワイドを使ってます。

使用感は抜群で、
ファスナーの開閉、
取り出しやすさ、
見易さ、
サイズ感も全て絶妙です。

タックルボックスを持ち歩かないスタイルの私には今のところベストなワレットと言えますね。

個人的にかなり好きなメーカーで、
ものづくりに対する考え方も骨太で好感のもてるメーカーさんです。

 

 

 

 

デュエル様

アマードフロロとキャップをいただいてます。

アーマードFとアーマードF+

簡単に説明するとPEラインですがシリコンとフロロカーボンがしみこませてあります。

そこまで詳しくないので気になった方はデュエルさんのHPをご参照いただきたいのですが、、、
PEの欠点をカバーして長所をより伸ばした素晴らしいラインであるのは間違いないです。

PEラインはポリエチレンの繊維を編み込んだもので4本編、8本編、12本編と沢山出てますね。
編数が多くなればなるほど強度、飛距離共に上がりますが価格も連動して上がります。

アーマードシリーズは編数とは違ったアプローチで飛距離、強度、感度アップを実現したものです。

僕も0.3号と0.4号を使ってますがPEライン特有のクタッとした感じが無く張りがあるので、
スピニングでガイドに巻き付いちゃう様なトラブルはありません。

僕の記憶では殆ど無いって意味なんですが恐らくリーダーの結び方次第で相性が悪いノットが有る様な気がします。

0.2号は本当に細いので弊社のポンド使用するのはオススメできません。

オススメ出来ないと言うよりは大型魚がかかった場合のラインブレイクのリスクが高いって事ですね。

しかし、普通の管理釣り場なら問題ない強度だと思います。

僕はこのラインに出会うまで0.6号より細いラインを使う事が出来ませんでした。

今は0.3号まで問題無く使えています。

勿論、釣果も実感してますしラインの恩恵を大いに感じます。

皆さんも是非使ってみて下さいね。

 

釣具メーカーさんからの協賛は以上です。

本当にありがとうございます。

この他にも日本酒や釣具店さんからの協賛品もあります。

 

春にもオープンフィッシング大会を予定しており、

その際も沢山の協賛品をいただける様に少々長かったですが、

丁寧に説明させていただきました。

ここまでお付き合いいただいた皆様ありがとうございます。

26日ご参加の皆様お待ちしております。