いよいよ夏です☀️!

こんにちはレストラン長谷川です😎

最近雨がつづいてますね、、、

でも晴れるとジリジリ

暑いですよね😵💦

そんなあついときは特に

お酒がすすみますよね????

ということで今回は!!!

お酒を紹介して行こうと思います🍺!!

今回は新しくラピーナに追加された

2つを紹介します🙆✨

ジン】【ピーチリキュール】です🙆✨

この2つが追加されたことによりたくさんカクテルが増えました!!!

 

 

この2つが追加されて間もないですがジンを使ったジントニックやファジーネーブルはとても人気ですね😂

入れてよかった〜😭✨💦

とても飲みやすいカクテルになってますのでバー担当スタッフまでぜひお声がけください!!!

ジンはアルコール度数が高めなのでお気をつけてお飲みください笑

以上、新しいお酒紹介でした〜👏

レストランスタッフ一同心よりお待ちしております🙇‍♂️✨

キャンプの魅力、ホワイトガソリンランタン

こんにちは、施設管理スタッフの池田です。

今年は梅雨明けが早いようですが、7月5日現在福島県はまだ梅雨明けしておりません。

しかし梅雨の期間中も今年は晴れの日が多い為、例年ですと閑散としているキャンプ場が週末になると多くのお客様で賑わっております。

自然の中で過ごすオートキャンプの楽しみ方や魅力は色々とあると思いますが、キャンプで使う道具も魅力のひとつではないでしょうか?テント、タープ、寝袋、調理器具、焚火台などなど。中でも夜の野外を暖かみのある光で照らす、こちらのような

ホワイトガソリンランタンには独特の魅力があります。

 

扱いやすさや持続時間ではLEDランタンのほうが格段に上ですが、ガソリンを燃やして明かりを灯すという、原始的とまでは言えないですが、レトロな感じの作業が不思議と心地良かったりします。

ホワイトガソリンランタンについてあまり良くご存じない方のために簡単に説明致しますと、まず燃料にホワイトガソリンを使用します(これは名前からお分かりになりますよね)。自動車の燃料のガソリンは、赤く着色してあり、更に点火しやすいように添加物が加えられています。これに対してホワイトガソリンは添加物が加えられていない無色透明のガソリンです。ガソリンを気化するジェネレーターという細い管の部分が詰まるのを防ぐ為に、無添加のホワイトガソリンを使う必要があります。

ランタンの下部の丸みを帯びている部分が燃料タンクで、キャンプを外してガソリンを入れます。ガソリンを入れたら、今度は燃やす前にポンピングという作業が必要になります。この作業によって燃料タンク内の空気圧を上げて、燃料バルブを開くと白い布袋のような「マントル」という部分にガソリンが噴射するようになります。この状態でマントルに点火用の火を近づけますと、噴射しているガソリンが燃えて、マントルが発光しだします。ガソリンが燃える熱でジェネレーターが温まりますと、マントルに到達するまでにガソリンが気化するようになり、より明るくマントルが発光するようになります。ここで追加でポンピングを(通称:追いポン)すると、更に燃焼・発光が安定してきます。

だいたい7~15時間くらい燃焼します。それくらい燃えれば暗くなってからテントに入って眠るまでの間のサイト内の明かりとして十分です。

使い方はこのような感じで、通常のメンテナンスとしては、マントルの交換(だんだん弱くなり振動で破れたり落ちたりします)、ポンピング部分への潤滑油の給油などをします。

手間がかかるのを面倒くさいと思うか、レトロで楽しい作業と思うかでホワイトガソリンランタンの好き嫌いが大きく分かれてくるのではないでしょうか。ただ明るければ良いのであればLEDランタンを使えば良いですが、そもそも合理的であれば良いのであればキャンプ場に泊まったりはしないですよね。寝心地を考えればベッドで寝たほうがいいですし、ダッチオーブン料理が美味しいとはいっても、本当に美味しいものが食べたいだけならばお店にいったほうがいいでしょうし。

製品によっては、コレクターズアイテムとしてのホワイトガソリンランタンという側面が強い物もあります。

今回の写真で使用しているランタンは、「コールマン社製シーズンズランタン2008モデル」です。アウトドアメーカーの王道と言っても差支えないコールマン(コールマン・ジャパン)が毎年数量限定で生産しているホワイトガソリンランタンで、近年の物はともかく初期の物などはかなり入手することが難しくなっています(ここ数年のモデルであれば、当施設内アクティビティーセンターに在庫がある物もあります)。キャンプ時に使用するのは勿論、ご自宅の一室に並べて眺めたり、たまに点灯したりメンテナンスしたりするのも楽しいかもしれません。そうこうしているうちにキャンプをしたくなってきたりするかもしれません...。その時はエンゼルフォレストも候補地に入れてくださいね。

ジーナさんへのプレゼント

 

こんにちは、フロント中野です。

今週末も蒸し暑い日が続きましたね。(^_^;)

温か~い風をうけるとサウナに入っているような感覚になります。

ジーナさんもバテバテです… とろけそうな勢いです…(笑)

 

さて、昨日宿泊のお客様よりジーナさんへのプレゼントをいただきました!!

以前もお泊りいただいたことがあり、ジーナが大好きな小さな小さな女の子からです。

 

おもちゃをあげた瞬間からこれは私の物感たっぷりで。(笑)

 

嬉しくて、楽しくて、しっぽがゆさゆさ。

あなたは猫ですか?と聞きたいぐらい(笑)

 

足をくずしながらひたすら遊んでいるジーナさんでした!

わざわざプレゼントをありがとうございました。

また遊びに来てね!(*^_^*)☆彡

幸運の兆し!?

支配人 渡邉でございます。

今日で6月も終わり、明日から7月になりますが、先日6月29日にはいよいよ関東甲信越地方の梅雨明けが発表されました。観測史上最も早かったのは2001年7月1日という事で新記録達成といったところでしょうか。これから夏本番ですね。

さて、今回はちょっとホッコリな話題を載せせてみようと思います。場内某所に見つけたツバメの巣です。リニューアル工事や何やらで最近見てないと思っていたら、今年は見る事ができました。ツバメといえば、家に巣作りをすると地方によって若干違いはあるようですが、縁起が良いといわれております。安全な場所にしか作らないので火事にならない、病人が出ない、豊作になるなどなど。古代ギリシャの女神アプロディーテーの聖鳥の一つとされ、ヨーロッパでも大切にされているようです。

まさに今、巣作りの最中です。無事に巣だっていってほしいと願って、見守りたいと思います。

カエルの季節

こんにちは、施設管理スタッフの池田です。

6月もそろそろ終わりで、夏が近づいてきました。この季節、特に雨が降っている時などに池の近くに行きますと、「ゲコゲコ、グワッグワッ」というカエルの鳴き声が賑やかに聞こえます。

先日、エンゼルフォレスト内の別荘地「オーナーズフォレスト」内にある公園の池に行きましたら、こちらを見つけました。

池のほとりに生えている松の枝に、10cmくらいの泡状の物体が付いています。

ご存じの方も多いかと思いますが、モリアオガエルの卵です。

モリアオガエルは主に樹上で生活しているカエルですが、このように特徴的な卵の産み方をします。この泡の中に300個~800個くらいの数の卵が入っているそうです。卵は産みつけられてから2週間くらいで孵化して、泡の中からオタマジャクシがボトボトと落ちてきます。

ついでにエンゼルフォレスト内で見かけた他のカエルもご紹介しますと、

こちらがニホンアカガエルです。近縁のヤマアカガエルという区別しづらいカエルがいますが、模様からしてたぶんニホンアカガエルのようです。

こちらはアズマヒキガエル。大型のカエルで、見つけた個体は12cmくらいありました。

春から夏頃にエンゼルフォレストにいらっしゃいましたら、水辺などを歩いてみますと、他にもツチガエルやシュレーゲルアオガエルなどに出会うことがあるかもしれません。そうそう、もしモリアオガエルをご覧になりたい場合は、今ならアクティビティーセンターに行くと水槽の中で卵を産んだばかりのカエルに会うことが出来ます。食事中の場合、口からコオロギの足が出ていたりすることがあるかもしれませんが、基本的には可愛らしい姿で皆様をお待ちしています。

 

 

 

ゲンジボタルをみるなら7月上旬まで!

こんにちは!

アクティビティセンターの大森です。

唐突ですが6月といえばホタルの季節ですよね!みなさんが良くご存じのゲンジボタル、ヘイケボタルをはじめとしたホタルの仲間は日本に約50種類生息しているって知ってますか?光らないホタルや森にすむホタル、幼虫のときだけ光るホタルなどホタルっていろんなのがいるんです!

そんなことよりエンゼルフォレストのどこで、何時に、いつごろまでホタルが見れるか早く知りたいですよね笑

気になっているところ申し訳ありませんがイベントの告知をさせてください!!

毎年夏時期の恒例イベントとなりました「森と湿地の探検隊」今年は1日3種類のイベントを開催します!

開催期間は6/16~7/7(毎週土曜日のみ)、7/14~16、7/21~8/18、8/25~26に開催予定です!

ホタルを見たい方はぜひ20:00~21:00に開催する「ホタルと星空観察ツアー」にご参加ください!

最後にイベントに参加できないけどホタルは見たい!という方向けのホタル情報です。

ホタルは湿地園で見られ、20:30~21:00頃に活動のピークを迎え、6月中旬~8月上旬までが見頃です!!

ちなみにゲンジボタルは6月中旬~7月上旬、ヘイケボタルは7月上旬~8月上旬が見頃です。

ジーナ、極楽のひととき♪

 

こんにちは、フロント担当の星です。

本日は快晴☆

気温も高く、梅雨を忘れてしまいそうなくらい、最高のお天気でした!

本日もたくさんのお客様にお越しいただきました。ありがとうございます。

今回は先週の月曜日から1週間、インターン研修に来ていた学生さんに

最後のブラッシングをしていただいた写真をアップします。

気持ちよさそうなジーナ\(-o-)/

研修生2人がかりでブラッシングです!!

顔!!

毎日、お散歩やブラッシング・耳のお掃除など、ジーナのお世話を

してくれました。ジーナも毎日楽しそうにお散歩に出かけてましたよ。

慣れたころにお別れは寂しいですね(T_T)

綺麗にしてもらい、満足して眠ってしまいました(-_-)zzz

わんちゃんのエキスパートになれるように“頑張ってね”と

願うジーナでした。

第89回FICCオートキャンプ世界大会

支配人 渡邉でございます。

来年のお話になりますが、平成31年9月28日から10月6日の間、FICCオートキャンプ世界大会が実施される事になりました。FICCとは、Federation International de Camping , Caravanning et Autocaravaningの略で32カ国、約56の団体が加盟する世界最大の国際キャンプ組織です。その国際大会がエンゼルフォレスト那須白河がある福島県羽鳥湖高原にやって参ります。その大会の宿泊施設として当社も選ばれているわけですが、日本での開催は1994年に島根県、浜田市の石見海浜公園で第55回大会が開催されており、実に25年ぶりの開催となりますので、この機会に参加してみてはいかがでしょうか。また、その世界大会のプレ大会という位置づけで、今年10月19日から2泊3日の日程でジャパンキャンピングラリーが開催されますので、こちらも是非ご検討いただければと思います。

お問合せは、天栄村ふるさと子ども夢学校推進協議会内「第89回FICCオートキャンプ世界大会実行委員会」まで

TEL:0248-94-2232 FAX:0248-82-2105 E-mail:89th.ficc.rally@gmail.com

コクワガタ

こんにちは、施設管理スタッフの池田です。

夏が近づいてきて、色々な昆虫・爬虫類・両性類を森の中で見かけることが多くなってきました。

先週はキャンプ場で見つけたミヤマクワガタをご紹介しましたが、本日もまた施設内に生息するクワガタのご紹介です。

コクワガタです。

ミヤマクワガタよりかなり小さく、こちらはオスですがメスのミヤマクワガタと同じくらいの大きさです。

ちなみにこの種は5亜種に分類され、他にハチジョウコクワガタ、ヤクシマコクワガタ、ミシマコクワガタ、トカラコクワガタというのがいて、どれも普通のコクワガタよりも赤色が濃いそうです。名前から推測出来ると思いますが、それぞれ八丈島、屋久島などの地域限定クワガタのようです。そちらにご旅行の際にご興味がございましたら是非探してみてください。

コクワガタはクヌギ、コナラ、カシ、ヤナギなどの広葉樹の樹液に集まるそうで、一応夜行性だそうですが、他のクワガタほど徹底しているわけではなく昼間にも活動するそうです(節操のないクワガタですね)。調べてみますと木を蹴ると落ちてくることがあるなどという情報もありまして、エンゼルフォレスト内にもコナラやヤナギが生えているところがありますので、見つけて打撃(サイドキックが適当かと思います)を加えてみるのも捕獲する方法のひとつかもしれません。ただし、こちらの方法をお試しになる際には、打撃の強度や脚の頑健さやギャラリーの有無などに十分ご配慮の上、安全第一で行っていただくようお願い申し上げます。

コクワガタは結構長生きするクワガタのようで、成虫で2~3年生きることもあるそうです。捕獲出来たら温度や湿度などに気を付けて大事に飼育してみるのも良いかもしれませんね。